経営者のご挨拶

代表取締役社長 吉田 誠太郎

代表取締役社長 吉田 誠太郎

“創って、守る 守って、創る”

 JFEテクノスは、JFEエンジグループの一員として、『この国の産業を支え、くらしを守り続けること』をミッションとし、様々な領域と技術分野をカバーする複合型メンテナンス企業として社会に貢献しています。

 ミッションを実現する行動指針を次の言葉に込めました。
“We Will Be There!”
『お客様、働く仲間、物事、社会に真摯に寄り添う』という決意を表します。 “Be There” という言葉には、『そこで待ってて今すぐ行くよ』という意味があり、私たちは正に人や物事に真摯に寄り添い、社会のお役に立っていく姿勢を持ち続けていきたいと思っています。

 JFEテクノスは1985年の設立以来、様々な施設の点検、検査、診断、補修、建設、更新、メンテナンス、装飾デザインなどを担って参りました。
 ① 都市ごみ焼却場、水処理場、バイオマス発電所などのプラント設備
 ② 物流自動倉庫、立体駐車場、自動機械式駐輪場などの産業機械設備
 ③ 太陽光、風力発電、電気自動車用急速充電器などのエコエネルギー設備
 ④ 港湾コンテナクレーン、鋼製橋梁、水門、高欄、フェンスなどの鋼構造施設
 ⑤ 施設イルミネーションや店舗、イベント等の装飾デザイン施工
 ⑥ 公共、民間施設の機械器具設置、電気、土木、建築工事
 ⑦ 全国の鉄道軌道のレール溶接

 これらの事業は、横浜、静岡、津の3事業所と仙台、大阪、九州など全国6つのメンテセンターを軸に運営しており、全国のお客様のご要望に迅速にお応えできる体制を整えています。
 社会インフラは長い間、大切に維持し続けることが時代の要請です。私たちが長く培ってきた電気、機械、構造、土木、検査の技術に、近年では溶接、景観、装飾デザインなどの新基軸を加え、お客様や社会により良質なインフラメンテナンスをご提供すべく、私たちは日夜精進して参ります。

 一方、メンテナンス事業はまだまだ人の手で担う部分が多く、私たちは経営資源としての『人財』を、ひと際大切にしていきたいと考えています。
 近年、年休奨励日を配置した丸2カ月間の夏季週休3日制、障がいをもつ方の在宅勤務、男性社員の育児休業取得、外国籍エンジニアの採用などを実現して参りました。引き続き、それぞれの働き方や個性を大切にし、快適な職場環境を目指して参ります。

 今後とも、JFEテクノスを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

吉田 誠太郎