EV 用急速充電器 RAPIDAS-R®

EV 用急速充電器 RAPIDAS®

1. 蓄電池を内蔵しており、そのアシストにより電力基本料金を半減できます。
2. 内蔵蓄電池活用により、停電時の電源利用が可能。

導入のメリット

1. 停電時にも活躍

停電時に蓄電池の電力を使えて安心です。

停電時にも活躍

(※) コンセント出力となります。

2. 初期工事費を低減

RAPIDAS は入力28kW低圧受電設置の場合、本体+工事費を低減

初期工事費を低減

3. ランニングコストを低減

契約電力料金を年間最大42万円削減!

  • 蓄電池のアシストにより入力28kWでOK
  • 一般的な50kW急速充電器に比べ契約電力を抑えることができます

ランニングコストを低減

  • 設置場所で電気消費が大きい時間帯にはRAPIDAS入力電力を10~28kWにできます(高圧契約の場合)
  • 蓄電池のアシストで入力電力を低減しても充電時間に大きく影響しません

ランニングコストを低減 2

導入実績

  • 実績

    山形県 NEXCO寒河江パーキングエリア

  • 実績

    愛知県 NEXCO 岡崎サービスエリア上下  2台設置

  • 実績

    東京都羽村市向  電気バスはむらん

  • 実績

    徳島県向 徳島保健所

  • 実績

    富山県 黒部市向 黒部宇奈月温泉新駅前

  • 実績

    軽井沢トヨタ様向  軽井沢充電ステーション

  • 実績

    神奈川県海老名市向  市役所前

  • 実績

    石川県白山市 道の駅 めぐみ白山

  • 実績

    茨城県 常陸大宮市向  道の駅 常陸大宮

製品仕様

<EV充電機能>

型式 RAPIDAS-R
入力 交流3相 200V
50/60 Hz
定格入力 28kW 以下
出力電圧 直流 50V~500V
出力電流 最大 125A
定格出力 最大 50kW
効率 90%以上
蓄電池容量 12kWh
給電用コネクタ 日本電動車両規格
JEVS G105-199 準拠品
車両との通信 CHAdeMO プロトコルに準拠
構造・寸法 W 1100mm
H 1800mm
D 790mm
使用環境 使用温度範囲 -10℃~ + 40℃
防塵防水構造 IP33 以上

<停電時電源機能> ※オプション

出力特性 単相 AC100V
最大 3KVA

製品仕様

お問い合わせ

設備エンジニアリング事業部

TEL 045-505-6574